グリーンヒル歯科医院 ブログ。

・・・・・ 院長のひとりごと ・・・・・
中国の挑発は止まらない
0
    「語られざる中国の結末」宮家邦彦著をざっとよみました。
    「米国、中東も知る宮家氏の複眼的な分析力を信頼している」
    という内閣総理大臣 安倍晋三の帯がついています。

     尖閣はどうなるのか一点にしぼって宮家氏の考えを書いてみます。

     中国の尖閣挑発は今からもずうっと続く。日本は中国の挑発にのって先に
    武力行使は絶対行うべきではない。中国の武力行使が先に行われた場合
    自衛隊は血を流す覚悟を決めて戦わなければ日米同盟は機能しない。
    分かりやすく言えば中国の攻撃を受けてから自衛隊は応戦する。このとき
    戦死するものが出るかもしれないが、自衛隊が戦闘しなければ米軍は

    尖閣を守らないだろうと指摘している。中国が先に攻撃し、日本が応戦すれば
    米軍は戦いに参加し、この戦いの日米の勝利はほぼ間違いないと宮家氏は
    述べておられます。

      
     ここからは私のまとめです。
     尖閣はこれからも中国の挑発行為が連続して起こる。挑発にのって日本が攻撃すれば
    尖閣周辺の海の戦いであれば、日本が勝利する可能性は大きい。
    (佐藤優氏はそう述べている。)しかしこの展開では米軍はこの戦いに参入しない
    (宮家氏)そして国際世論の非難にさらされる。(佐藤氏、宮家氏)
    ということは中国の挑発行為に武力では反応せず、挑発行為を行う中国の
    領土的野心を世界に訴える。今、安倍政権が行っているいることを続けるしか
    ないようです。
     中国との神経戦に負けて安易な妥協をすれば尖閣は中国領土となってしまう
    ということは十分に考えられます。
     中国の挑発行為がいつ暴発するかもしれないという恐怖の中、
    尖閣を守っている海上保安、自衛隊を国民は応援しましょう。


     
    | hulaboy | 政治 | 09:57 | comments(0) | - | - | - |
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE