グリーンヒル歯科医院 ブログ。

・・・・・ 院長のひとりごと ・・・・・
<< 阿蘇の野焼き | main | 政府は誠意を示せ >>
自衛隊を激励せよ。
0
     

    米国「トモダチ作戦」が照らし出す
    日本の有事対応能力の限界

    2011.03.23Wed)  北村 淳

     

    軍人が身を賭して任務に邁進するのはなぜか

     「シビリアンコントロール能力」の不在に関連して、最後に一言申し添えたい。

     絶え間なく軍隊を戦闘やHADR活動に送り込み続けているアメリカの政治的指導者たち(大統領・国防長官・国務長官・連邦議員)と比べた場合、日本の首相・防衛大臣をはじめとする政治家たちに顕著な特徴は、軍事組織に対するリーダーシップの欠如(ただし軍事的無能という件は除外する)ということである。

     軍人が時には身を犠牲にしてまでも国家国民同胞のために職務を遂行するのは、金銭的利益を得たいからでも、勲章をもらいたいからでも有名人になりたいからでもなく、ただ軍人としての名誉を守りたいからなのである。

     そのような人々をコントロールする政治的指導者たちが、部下たちを激励するために現場を訪ねたり、現場に行かずとも部下たちの努力を公に讃えるだけで、軍人は身を賭して任務に邁進することができるのである。

     リーダーとしての地位に就いている人々には猛省を促したい。  JBpressより転載

     JBpressより北村淳氏のブログ記事の最後のページだけ紹介しました。

     自衛隊、消防隊の被災地での救援活動に対して本当に感謝します。今まで消防隊はメディアから温かい目で応援されていますが、自衛隊にはメディアの視線は冷たいと感じてきました。

     しかし今回の自衛隊の活躍を見てメディアも自衛隊の観かたを変えたほうがいいのではないかと思います。素直に応援してあげてください。

     
     私は以前から外交、防衛に民主党政権では不安があると言っていますが、この政権は本当に頼りないですね。ロシアは原発事故に協力するといいながら戦闘機2機で領海侵犯してくるというとんでもない国ということを示しています。中国、韓国は日本のハイテク機器の輸入が止まり日本に依存していたことを改めて気づいている様子です。自分勝手な国際社会です。

     この原発事故の際にあえて言いますが、アメリカ、ロシア、中国、北朝鮮と外交をやっていく上でも、エネルギーを確保するうえでも日本は核技術を捨てるべきではありません。

     東電は今後補償で経営が苦しくなるでしょうが、今後も原発は維持すべきだと思います。

     


    | hulaboy | - | 11:10 | comments(0) | - | - | - |









     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE