グリーンヒル歯科医院 ブログ。

・・・・・ 院長のひとりごと ・・・・・
<< 言葉だけの反省ではすまないぞ! | main | 吉田所長は偉い >>
around 60健康法
0
     

    いかに自分の能力を維持し、向上させるか?

    私は健康なほうと思うのですが、心身ともに疲れやすい体質ですので、40,50歳代からいろんな健康法に興味を持っていました。

    次の3つの教えの影響は少なからず受けています。

        中村天風師の人生観

        いそがい療法

        西野流呼吸法

     

    こういう影響のもとに、佐藤富雄氏の「50歳からの勉強法」と小林弘幸氏の(なぜ、「これ」は健康にいいのか?)を読み比べてみました。

    佐藤氏の勉強法については何度かこのブログでも紹介しています。睡眠時間平均4時間、朝3時半に起きるというちょっと私には真似できない佐藤氏の生活スタイルですが参考にできる部分もあります。

    朝、運動しその後勉強をするというものです。私の場合はしっかり7,8時間寝て、6時前後に起床し気が向けば散歩し、気分がのればちょっと勉強をするという程度のものですが、ここ2、3年ばかり続けています。

     

    順天堂大学医学部教授の小林氏も朝勉強することを薦めていますが朝の運動は疲れが出て仕事に影響が出ることもあるし、また朝のトレーニングは怪我をしやすいなどの理由で朝の散歩や運動については否定的な考えです。

    散歩するなら夕食後から就寝1時間前が良いと指導されています。小林氏の体験や自律神経のバランスなどからの結論のようです。

     

    さあ、朝、夜どちらの散歩を選択したらよいのでしょうか。そこで夜の散歩を実験してみました。私が住んでいる海にちかい緑が丘は夜の散歩では海をみることができずムードがありません。夜の散歩は良い睡眠をもたらす効果があるそうですが私にはやはり朝日のある朝の海岸を見ながらの散歩のほうが合っているようです。

     

    そしてこの2氏に通じる思考の特徴はポジティブ.シンキングです。前向きに物事をとらえる。自分を褒め、自己暗示にかけて能力をあげ、物事を達成させていくという態度です。

     

    中村天風師も言葉は積極的に使えと指導されています。そして

    「今日一日、怒らず、怖れず、悲しまず、正直、親切、愉快に生きる」

    ように指導されています。

    凡人にはこれが一番難しいことです。

     

    私は積極人生に習慣化されていませんので、少しネガティブな要素が入りますが、最近次のような生活をしています。

    政治のニュースを極力見ない。テレビは天気予報ぐらいしか見ない。新聞を見ない。歯科治療のほかには少し運動をし、家族で会話し、犬と猫と遊ぶ。

    ハーブキャンディーをなめクラシック音楽をききながらうたた寝をする。これって虫歯をつくるもっとも悪い習慣ですが、リラックス効果があります。(目がさめるとせっせと歯磨きをしていますよ。)

     

    菅総理の顔をみても怒らない、悲しまない自分にはまだなれそうにない。

    | hulaboy | - | 11:19 | comments(0) | - | - | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE