グリーンヒル歯科医院 ブログ。

・・・・・ 院長のひとりごと ・・・・・
<< around 60健康法 | main | 原発再稼動、大前研一 >>
吉田所長は偉い
0
     

    吉田所長「止めていたら死ぬかも」

    TBS系(JNN) 6月6日(月)11時56分配信

     「まずやることを丁寧に一つ一つやること。現場でたくさんの人が働いてますから、健康や安全をちゃんと確保する。この2点だけですね」(福島第一原発 吉田昌郎所長)

     福島第一原発の事故以来、現場の責任者として復旧作業の陣頭指揮をとっている、吉田昌郎所長がJNNの単独インタビューに応じました。

     「現時点では1〜3号機とも原子炉の中は冷えている。そういう意味で原子炉は安定していると考えていい」(吉田昌郎所長)

     メルトダウンに至っている1号機から3号機の状況について、吉田所長は「安定している」としたうえで、当面の最大の課題は大量の「汚染水」であると指摘しました。

     「汚染した水をどう処理するか、ここが一番大きな課題。そこが最大のポイントだと思って取り組んでいる」(吉田昌郎所長)

     一方、政治問題へと発展した、事故直後の海水注入。吉田所長は本社の指示に背く形で、1号機への海水注入を続けたとされています。なぜ、注入を続けたのでしょうか。

     「ひと言で言いますと、あの時点で現場は生きるか死ぬかでしたから、もし(海水注入を)止めていたら死ぬかもしれない。そういう気持ちでいたということはお伝えします。(Q.判断は間違っていなかった?)間違っていなかったというよりは入れ続けないといけないと思っていた」(吉田昌郎所長)

     海水の注入を止めるという本社の指示に従うことは、当時の判断の選択肢に全くなかったことを明らかにしました。さらに、海水の注入を続けていたことを本社に報告しなかったことについて、次のように説明しました。

     「忙しかったからですよ。1号機だけでなく、2号機3号機でも危機的状況が続いてましたから。第三者委員会ができれば、きちんと経緯を話そうと思っていた。そのタイミングが若干遅れたということ、非常に申し訳なく思っています」(吉田昌郎所長)

     「(Q.地元・福島に対しては?)福島県の地元の皆さんにご迷惑かけたということ、これはこの事故が起きてから忘れたことはありません。本当に皆さんに申し訳ない。しっかり謝りに行きたいが、なかなかそういう状態にならない。そういう皆さんのためにも一刻も早く(事故を)収束させたい」(吉田昌郎所長)
    (06日10:21)

     ついさっきのブログで政治記事は読まないと書きましたが、やはり気になりますね。
    東電の対応を見ますと????だらけですね。東電幹部はいったい何をどう考えているのでしょうか。また保安院の意味は?などと情けなくなります。
     日本の中枢は腐っている。まだ現場が支えてくれているのが救いです。
    | hulaboy | - | 18:01 | comments(1) | - | - | - |
    私も同じように日本の中枢の不備さは嘆いています。今後、野田新内閣の下で大きく変わることができるかどうかが、今後の日本の近未来の縮図として提示されることになると考えています。
    今回の東北大震災で、日本国民の意識が大きく変わりYes.Noをはっきりと言える社会が構築されることを切に願うものです。
    グリーンヒルさんを応援しています。
    | sman | 2011/09/07 8:53 AM |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE