グリーンヒル歯科医院 ブログ。

・・・・・ 院長のひとりごと ・・・・・
<< 反省 | main | ガラスセラミッククラウン(二ケイ酸リチウムガラス) >>
佐藤優さんよかったですね。
0
     

    佐藤優氏がぼろくそに貶していた河相周夫(ちかお)外務事務次官(60)が退任させられ佐藤氏がタフネゴシエーターだと褒めていた斎木昭隆外務審議官(60)が事務次官に就任するというニュースが入っています。

    この人事は今後の外交に希望が持てますね。自分の出世のためならなんでもすると佐藤氏が貶していた事務次官が退任し、国益のために献身的に頑張る斎木氏が事務次官になることで外務省の若手もやる気がでることでしょう。

    <政府>外務次官に斎木昭隆氏 官邸主導強める

    毎日新聞 614()1125分配信

     

     政府は14日、河相周夫(ちかお)外務事務次官(60)を退任させ、後任に斎木昭隆外務審議官(60)=政務担当=を充てる方針を固めた。早ければ月内にも発令する。斎木氏は外務省でアジア大洋州局長を約3年間務めるなど対アジア外交に精通し、安倍晋三首相に近い。安倍内閣は斎木氏の起用で官邸主導外交をさらに強化し、拉致問題の解決や対中・対北朝鮮外交にあたる意向があるとみられる。斎木氏の後任には杉山晋輔アジア大洋州局長(60)の起用が有力視されている。
     
     河相氏は外務省北米局長などを経て民主党政権時代の2010年1月、官房副長官補に就任。昨年9月から外務事務次官を務めていた。歴代の外務事務次官は通例2年程度務めており、1年未満で交代させるのは異例。民主党色を払拭(ふっしょく)したい安倍内閣の意向があると見られる。

     斎木氏は、02年9月の小泉純一郎首相(当時)の北朝鮮訪問後、拉致被害者5人の帰国にアジア大洋州局参事官として関わった。08年にはアジア大洋州局長に就き、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の首席代表を務めた。その後、駐インド大使を経て昨年9月から同省ナンバー2の外務審議官を務めている。【吉永康朗】

    | hulaboy | - | 08:55 | comments(0) | - | - | - |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE